春の雪

卯月も中旬だというのに、今日は雪が降っている。
神の杜が水墨画のようにけむっている。
桜の開花が遅れる、と明るい声でラジオが伝えている。
d0114484_16565589.jpg

静けさが感傷をつれてきた。
美しい人の言葉が幾度も甦る、雪の土曜日。
[PR]
# by illustrator-shiro | 2007-04-14 17:10

春の風と長い蕎麦

近所にある洒落た蕎麦屋は更科を食べさせてくれる。
とても美味しいのだが、長めに切り揃えられているため、少し食べ難い。
先日お店の庭に、屋外席が設置されていた。
きっとゴールデンウィークの頃から、外でもお蕎麦を頂けるようになるのだろう。
しかし、皐月の風はなかなかに強い。

A「せいろをニ枚」
店員「はい、少しおまちください・・・」

ほどなく例の長い更科が運ばれてくる。

A「外で食べる蕎麦ってのも良いね。」
B「うん。でもちょっと風強くない?」
A「仕方が無いよ、5月だから。」
A/B「いただきます!」

そのとき一陣の風が。
d0114484_104109.jpg

ってなっちゃったらどうしようね(笑)。
[PR]
# by illustrator-shiro | 2007-04-13 10:48 | 美味しいもの

蝦夷延胡索(えぞえんごさく)

北国の早春、山の斜面などに群生して咲く、美しい蒼い花がある。
d0114484_9582538.jpg

蝦夷延胡索。
住まいの近くの神様の杜の中にも毎年、目のさめるような蒼の一群が現われる。
皐の月、桜見物で華やぐふもとの喧噪をよそに、
山中ひっそり咲く彼らを探しに行くのが好きだ。
[PR]
# by illustrator-shiro | 2007-04-11 10:11 | 大切にしたいこと

始まりは珈琲の香りから

古いYomingの歌の曲名が思い出せないな、と思ってPCを使っていたら
ふとブログのことが気になって、自分でも始めてしまった。
普段は絵を描いたりして暮らしているのだから、ブログくらい絵から離れたかったけれど、
結局「絵日記」風にしてしまった。

「ちょっとどうなんだ?」
「続かないかも・・・」
「でも、まぁ、いいか!」

短い葛藤もありましたが(笑)、
たまに覗いてみてください。よろしくお願いします。

d0114484_18181280.jpg


毎朝目覚めると、まっさきに珈琲を淹れる。
窓から見える神社の杜にはまだ雪が残っているが、
日に日に近づいてくる春の気配を感じながら、
丁寧に落とした珈琲を飲む時間は、なかなかよいものだ。

そんな訳で、このブログの始まりも大好きな珈琲の香りから。
[PR]
# by illustrator-shiro | 2007-04-10 18:10 | 美味しいもの